スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

剣の基礎知識

武具を使う太極拳の中に、剣32式太極拳があります。
套路は32通り。型を覚えるだけで大変だけど、武具を持たない24式とは又少し違う楽しさもあります。
ですが、
剣32式は基本的な体の動かし方は24式太極拳と変わりません。
それは我らが先生の何時も仰る通り・・・
剣をやり始めた方、これからやってみたいと思っている方も心に留めておきましょう。

・剣の形・・・剣身(切る刃の部分で両刀、剣先・剣刃・剣背からなる)
       剣格(剣の刃の元の部分)
       剣柄(柄の部分で、握る部分です)
       剣首(房が付く部分)
・剣の握り方・・持剣と握剣の二通りで、手首を軟らかく使えるようにしておく。

・基本的な剣法・・

1)点剣(テンジェン) 立剣にし、手首を上に持ち上げ剣先を上から前方下に。勁力は剣先に伝える。

2)崩剣(ボンジェン)立剣にし、手首を沈め、剣先を上向きにし、勁力は手首から発して剣先へ。

3)撩剣(リァオジェン)立剣で、下から側体に沿って弧を描くように前方に引き上げる。勁力は剣身前部。

4)劈剣(ピジェン)立剣にし、上から下へ振り下ろす。勁力は剣身。

5)刺剣(ツジェン)立剣又は平剣で前方へ真っ直ぐ刺し出し、剣と腕が一直線となる。勁力は剣先。

6)(ランジェン)立剣にし、腕を内旋して左下から右斜め前方に。左右同じ。勁力は剣刃。

7)挂剣(ゴァジェン)立剣にし、剣先を体の前方から真下に向けて引っ掛けながらすくっていくように剣先を後方へ。勁力は剣身前部。
上記の基本的な剣の使い方があります。

・剣を持たない手は剣指(ケンシ)と言い、人差し指と中指を揃えて2本だけ伸ばします。剣指はVサインのようにしたり、歪んだりさせず、目線と共に、剣と剣指の位置関係も大切になりますので、重要になります。・・・と、基礎的な説明でした。。。
続きを読む >>
CHAOS | 32式剣etc. | 11:37 | comments(1) | trackbacks(0) |
1/1PAGES | |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH